リスティング広告は無料ツールで作れる

  

 

最近、インターネットで検索エンジンを使って検索をした人ならば、あることに気がつくでしょう。それはリスティング広告の存在です。自分が検索した言葉と同じような内容の広告が、開いているページの右の方に出てきます。例えば、結婚相談所を探している人がいて、東京の結婚相談所を調べてみたところ、たまたま出てきた広告も結婚相談所に関する広告であることが多いでしょう。また、美容整形を考えている女の人が、美容整形の情報を調べると、美容整形クリニックの広告が出てきたということも珍しくありません。

このような仕組みはリスティング広告といって検索エンジンで検索したキーワードと連動して広告が出てくる仕組みです。かつての広告は、とにかくランダムに検索エンジンの検索内容に関係ない広告を出していましたが、顧客を絞り込むことを考えると無駄な広告の出し方でした。ですが、リスティング広告の仕組みが出来上がってからは、リスティング広告を積極的に使う人が増えてきています。やはり、ランダムに広告が表示されるよりも、検索エンジンで広告の内容に近い言葉を入れた人に見てもらった方が、はるかに反応率は高いからです。

実際に自分がリスティング広告を出す場合、まず広告の画像を作らなければなりません。画像を作ったことがない人はなかなかわかりにくいかもしれませんが、割と簡単にできます。画像を作る方法は無料のツールを使えば簡単にできます。もちろん素材となる画像を用意すればよいですが、こちらも無料のツールを使うことで画像を選ぶことができるでしょう。このように、お金を全くかけずに広告の画像を作ることは十分可能です。

ただし、きれいに作ることができるかといえばやはり無料ですので、限界はあるでしょう。もし実際に無料のツールを使って画像を作っても、あまり質が良くないと感じたならば有料のものを使ってみましょう。

それ以外では、リフティング広告に連動してランディングページの作成も必要です。ランディングページの作成は、画像を作るよりも何倍もの時間がかかるでしょう。当然無料でつくることは難しいです。そもそも、サーバーと契約をしなければなりませんので、毎月お金を支払うことになりますが、メルマガを使う場合はメルマガスタンドに登録しなければなりません。

もし自分で作ることに自信がなければ、業者に依頼すると良いでしょう。インターネット上には、結果が出るHPと制作会社もいくつか存在していますので、それぞれのメリットを比較しながら決めるようにしましょう。