リスティング広告の強みを知って効果的に利用しよう

  

リスティング広告は検索エンジンの検索結果の中に表示される広告で、ユーザがキーワードを入力して検索した結果の中に表示されるため非常に興味をひきやすいと言う特徴があります。広告の表示においてユーザが検索したキーワードに関連するものを表示するため、キーワードによって表示内容が変わるほか、テキストだけで表示されるために他の検索結果と間違えてクリックしてしまうことも多く、ホームページのアクセス数を高める上で非常に効果的な広告として広く利用されています。

リスティング広告の強みはユーザが検索するキーワードにマッチした形で表示されるため、通常の無作為の広告に比べ効率が良く広告宣伝ができる特徴があります。一般的な広告はユーザの意思に反して表示されることが多く、中には全く興味のない内容が表示されてしまうことがあるため、ユーザにとっては邪魔以外の何者でもなくなってしまうことも多いのです。このような場合には広告が逆効果になってしまうこともあり、広告を掲載している企業がユーザに嫌悪感を抱かれてしまうこともあるためその広告掲載には十分な注意が必要です。リスティング広告の場合には基本的に検索キーワードに関連する広告を表示する仕組みとなっているため、ユーザにとって検索結果の1つとなることが多く、様に興味を引きやすいという特徴があるのです。

さらにリスティング広告の強みは、検索結果の中に同時に表示されると言う点です。検索した結果によって表示された広告と言うイメージがあるため、一般的な広告のような押し付けがましいイメージがなくなり、興味を引きやすいと言う点が大きなポイントになります。そのためリスティング広告の文章によっては、サイトに対するアクセスが非常に増えることもあり、通常の広告に比べその効果を生みやすいという特徴があるのです。

さらに最近では様々な端末が増えており、端末によって検索結果を違えている検索エンジンを非常に増えていますが、リスティング広告も端末によって表示される内容を変えることができるので、パソコンとスマートフォンで広告内容を変えたり、あるいはどちらかの端末だけに表示するといった方法も考えられます。健康食品のホームページに対するランディングページはこの特徴を用いて、移動中に利用されることが多いスマートフォンに対しては移動中に選びやすい健康食品のHPのスマホ表示を連動する等の方法で効果的に顧客をサイトに誘導するといった手法も用いられており、リスティング広告ならではの強みを生かした方法といえます。