リスティング広告の定義と活用のされ方

  

リスティング広告を定義すると、検索エンジンでキーワードの検索をした後のページに表示される、キーワードと連動した広告と定義できます。キーワードと関連した広告が表示されるため、興味を持っている人を取り込みやすいのが特徴です。なぜなら、キーワードは自主的に検索をするものであるため、少なからず検索をした人は、リスティング広告で提案されている商品やサービスに関心がある層であるからです。

また、リスティング広告はランディングページと組み合わせられます。ランディングページは、特定の商品やサービスを直接売ったり、それに対する直接の問い合わせをしてもらったりすることを期待するためのものであるため、相性が良いです。

リスティング広告は、まず入札をして利用をします。入札価格は、最低価格が決まっています。ここで、それ以上の値段で入札するわけですが、価格が高いほど上位に表示されやすくなるのが特徴です。つまり、より上位に表示させたかったら高い金額で入札する必要があるわけです。ただし、コンテンツの品質も重視されますから、一番高い金額で入札をしたからといって、必ず一番上位に表示されるわけではありません。したがって、品質も高める必要があります。品質としては、そのページが役立つかどうか、といったことが重視されるようです。また、クリック率なども関連してきます。

ランディングページとリスティング広告は、組み合わせて活用されるのが一般的です。そして、ランディングページが、訪れた人を購入や問い合わせにつなげるための手段であるため、要となっています。ランディングページには特徴やノウハウがあります。これは、運用するうえで蓄積していくことで生かしていくことが可能になります。ただし、最初の段階でも、ほかのランディングページの構成やテクニックを参考にすれば、ある程度の形にすることができます。

そして、参考にするのであれば、自分が作りたいランディングページと同じものを取り扱っているサイトを参照するのが良いでしょう。その商品やサービス特有の手法というものがわかってくるからです。例えば、化粧品のランディングページを作りたいのであれば、化粧品のホームページの作成事例を参考にします。このとき、一つだけではなく、複数のページを比較したほうが、相対的に情報を把握することができますから、その商品特有のテクニックを読み取ることが可能となります。