リスティング広告にかかる手数料の相場は

  

インターネット広告にはさまざまな種類がありますが、現在主流になっている広告の仕組みのひとつがリスティング広告です。この広告の仕組みは検索エンジンの検索結果ページに表示される広告であり、普段おおく目にしているインターネット広告です。

リスティング広告のメリットとしては、検索されたキーワードに連動して表示されるため広告効果が高いといったことがあります。このため費用対効果が高く主流となっています。一方で費用に関してはいくつかの種類があります。昔から行われてきた仕組みとしては表示された広告の回数に応じて手数料が発生するものがあります。また近年は広告をクリックした回数、さらに広告先の商品を購入した場合に支払われる成功報酬型などがありますが、リスティング広告の手数料で主流となっているのは表示回数型とクリック課金型です。どちらも一長一短ですが、表示回数型は表示あたりの単価が低いメリットがあり、クリック課金型は単価が高いものの費用対効果が高いメリットがあります。
手数料の相場は1クリック10円から500円前後とかなりばらつきがありますし、また人気のキーワードなどは高価になる傾向にあります。

一方でリスティング広告は直接、申し込むことも可能ですがWeb制作会社に依頼して行うことも可能です。そもそもインターネット広告では、クリックして訪れてくれた人に対して有益な情報を提供しなければ宣伝効果は大幅に半減します。このため力を入れるべきポイントとしてLP(ランディングページ)があります。LPは最初に訪問する場所のページのことで商品やサービスを行うさいにはこのページの良し悪しが宣伝効果に大きく影響するとい言われています。

このためLPを行う制作会社も多くあります。HPと制作会社は切っても切れない関係で商業向けのWebページを提供するさいには特に重要です。反面でWebページを制作するのと比べてその目的がはっきりしているので、価格も安く5万円以下でも作ることができます。しかし、実際に5万円でLPを作っても威力を発揮させるためにはリスティング広告など訪れてくれる人へのアピールが重要になります。このためLPが安くてもリスティング広告の運用手数料が高いところもあります。リスティング広告とLPはワンセットで考えることがポイントで、トータルでバランスの取れた制作会社を選ぶことが費用対効果を最大限に高めることができます。