提案資料などの広告で始められるリスティング広告

  

リスティング広告とは、検索エンジンの結果として表示されたページや、検索エンジンそのものに表示させることができる広告のことを指し、提案資料などの効果的な広告を出しながらサイトのトラフィックやコンバージョンを増やしていくことが可能なものとして昨今の主流な広告手法として用いられています。

リスティング広告は、検索結果として表示された特定の部類のページの提案資料の一部としても活用が可能で、HPと会社の繋がりをより効率的にすることができる広告手法として知られています。特定の部類とは、会社であれば自社の商品や提供している提案資料のサイトのページの内容にそうかたちで広告を貼りつけるということで、同じ部類の広告が表示されるためそのサイトにアクセスしている人の目につきやすくクリックされる可能性が大幅に増加するものとして有力視されています。

リスティング広告はクリック課金システムを導入しているため、他の広告手法のようにクリックされなおかつそのページ内での商品が購入されなければお金が発生しないということもなく、安定して収入を得ることができます。専門企業であれば提案資料の広告を貼りつけておくことで、そのページにうつる際にクリックされるためお金が発生しやすいというメリットがあります。

リスティング広告のクリック単価は定額ではなく、上限クリック単価と品質スコア、そして掲載順位によって変動します。上限クリック単価とは、広告主が決定する1クリックあたりの金額のことを指します。品質スコアはその広告のパフォーマンス、つまりクリックされている量によって判断され、パフォーマンスが良ければ単価も向上します。そして掲載順位は、クリック上限単価と品質スコアの両方から判断され、効果的な広告であるかどうかでクリックされたときの金額が決定されます。

リスティング広告は少ない費用とそれぞれの検索エンジンをもつホームページなどでIDを取得すれば始められる敷居の低い広告手法として知られている一方で、始める前には事前準備が必要という点に関しては他の広告手法と同様です。会社であれば、どの程度を成果とみなすかという点が重要視され、またどのくらいの金額であれば広告を貼り続けるかどうかを判断することも大切になってきます。

また、流行の情報や広告に関する知識も必要になりますが、それにはキーワードプランナーという広告を出すうえでのアドバイザーがいるため、相談すると良いでしょう。