リスティング広告の活用手順で重要なこと

  

自社サイトでの集客を増やすためにはリスティング広告は効果的ですが、さらに売り上げの増加につながるためにはLPの運用が必要です。けれどもリスティング広告によって得られるユーザーそれぞれに対して、LPを個別に作っていたのでは膨大な費用が必要になります。そこで最小限のコストで最大限の成果を生み出すためのリスティング広告の運用を考える必要があります。まず入札するキーワードですが、一般的な言葉だけを選定したのでは、検索したユーザーが何を求めているのかを推測しなければなりません。さらにLPへと誘導する前に求める情報を予測し、サイト内のあらゆるコンテンツでその情報提供を行うことも必要になります。

これは非常に多くの作業手順が必要となり、社内で行うにはかなりの労力を必要とします。かといって外注に頼むとなれば、相当のコストが発生します。それに見合う売り上げが出れば良いのですが、そうでなければ費用対効果を高めることを検討する必要があります。例えば通販の場合、扱う商品は非常に多いことからLP作成の費用もそれなりに必要になります。けれどもリスティング広告を適切に運用することで、煩雑な手間も手順も簡略にすることが可能です。そのポイントとなるのは、選定するキーワードに具体的な行動となるものを組み合わせることです。単に通販では、どの程度の興味を持っているのか推測は難しいものです。けれども申し込みというキーワードを加えることで、具体的に購入を検討しているユーザーを集客することができます。

このようなユーザーを集めることができれば、あとはLPで商品の利点などを提示するだけで済みます。このような通販のHPの改善方法を取り入れることで、費用対効果を高めることができるわけです。さらに購入を検討していることが分かっているので、潜在需要を呼び起こすようなコンテンツを作る必要もありません。つまりLPへのリンクの経路もシンプルになるので、その間にユーザーがサイトから離脱する確率も下がることになります。このようにリスティング広告におけるキーワード選定に工夫をするだけで、かなりサイトの運用負担を減らすことにつながります。さらに複数のキーワードを組み合わせることでライバルを減らすこともできます。その結果、キーワードの入札金額も抑えることにつながるメリットも生まれるわけです。ただし自社サイトは常にライバルにチェックされていることを考えて、リスティング広告の運用は常にチェックしておくことが大切です。