リスティング広告のテキスト作成について

  

リスティング広告とは、検索エンジンでキーワードを検索した時に、そのキーワードに連動して表示される広告のことです。リスティング広告は、まさに検索をした人の関心があることにかかわる広告が表示されるため、うまくいけば宣伝効果が高い点が特徴です。キーワード単位で抽出されるのがリスティング広告の特徴であるため、すぐに客を獲得することができる期待が持てます。

表示される順位については、入札価格でコントロールすることができます。上位に表示されるためにはお金が必要になりますが、その文上位に広告テキストが表示されることがほぼ確約されるため、高い宣伝効果を得ることができ、集客力を上げることができるという特長があります。現在、宣伝広告費はネット媒体が高い割合を占めていますし、日常的に検索エンジンを利用する人は多いですから、目に触れる機械が多いリスティング広告は、マーケティングにおいても重要な地位を占めています。

リスティング広告の料金は、クリック数で決まります。つまり、クリックがあればそれだけ費用が発生します。クリック単価が入札価格になっていて、多くの人が検索する人気ワードは最低入札価格も高くなります。ただし、上位に表示されるかどうかについては、単に入札価格が高いか低いかではない点には注意が必要です。テキストの品質も重視されますから、単に文字を羅列しているような広告では、上位に表示されません。したがって、確実に上位に表示させたいのであれば、広告の品質を高めることも重要となります。

文字数の制限や、利用することができる文字の種類には制約があるため、作成するにあたってはそれらを確認する必要があります。最近は、このリスティング広告の作成を請け負っている業者もあります。業者の場合、作成ノウハウがありますから、自分で作成するのに比べれば、より内容の充実した広告テキストを作成することができるでしょう。ただし、作成をしてもらうにあたってはそれなりの費用が発生しますので、外部に発注するのか自社で作成するのかについては、費用のことなどを考えて決める必要があるでしょう。

また、リスティング広告は、クリック数や費用対効果などのデータを分析することが容易であるため、情報をフィードバックしてより消費者に訴求力の高いテキストに改善していくこともできます。工夫の余地がある点で、他の媒体の広告に比べて宣伝効果を高めていきやすいです。