ツイッターを活用した費用対効果の高いリスティング広告

  

気になる物事や興味があるような事があった時には、インターネットで検索するということが一般的になってきています。インターネットを利用している人が、ある指定したキーワードで検索をした場合にh、その画面に表示される広告のことを「リスティング広告」と言います。メリットとしては、あらかじめ指定したキーワードを検索しているということですので、必然的に興味のある人に直接広告を届けることが出来るということでしょう。その為、他の広告に比べると、購入率が高くなる傾向にあり、費用対効果も高くなります。

ただし、リスティング広告は検索結果に掲載されるという特徴があります。その為、検索される回数よりも多く広告が表示されることはないということです。その為、なかなか検索されない広告の場合には、表示数が少なくなり、費用対効果が低くなる可能性もあります。少ない費用で広告をまわすためには、様々なキーワードを設定するようにするということが必要になります。キーワードについては、広告主が決めることが出来ますので、利用者が興味を持ちそうなキーワードを幅広く設定するようにすることによって広告を見て注文する人の数を増やすことが出来ます。慣れないうちは小規模ではじめ、コツを掴んできたら規模を拡大するなど、段階的に活用することにより、損失を最小限に抑えることが出来るでしょう。

より安く広告をまわす方法として、ツイッターを利用するという方法があります。ツイッター広告のメリットとしては、表示されるだけであれば、無料で利用することが出来るということです。利用者が何らかのアクションを起こした場合には、料金が発生しますが、無駄な費用を省くことが出来ます。そして、課金対象となるのはツイッターを利用している人が最初に行ったアクションのみであり、リツイートなどで広告が拡散された場合や一人の利用者が同じ広告に対して2回以上アクションを起こしたとしても、それは課金対象となることはありません。

そして、ツイッター広告では、利用者を任意のページに誘導することが出来るという機能が備わっています。画像や関連情報など、web誘導を促すようなボタンを追加することが出来ますので、効率よく対象ページに誘導することが出来るというメリットがあります。あらかじめリンクを設定しておくだけで、広告を見た利用者が自分で情報を調べなくても一度クリックするだけで目的のサイトに誘導することが出来るというわけです。