最低限のリスティング広告の作り方

  

リスティング広告をする場合GoogleAdWordsやYahooプロモーション広告が有名です。これらに向けてリスティング広告の制作を行うならばそれぞれの審査に通ることがまず必須です。これがクリアできればリスティング広告の第一歩となります。作り方で注意する点では具体的には入稿した広告やそのキーワードから行くサイトや使用するバナーが審査対象になるのでこの点を注意して制作することは必要条件です。審査にかかる日数はGoogle AdWordsでは約1営業日Yahooプロモーション広告やYahoo!系列のYDNはだいたい3営業日ほどかかります。審査が通ったかどうかは通知しないので管理画面でチェックする必要があります。

審査に通ったなら効果的なリスティング広告に改善する方向となります。維持するための作り方としては最初に「広告文」の変更をすることです。ランディングページは全く変えていないのに広告文を変えただけで売上が30%コンバージョン率が13%上がったケースも起こり得るので重要点です。例として内容を変更してコンバージョンが高くなるよう変更しチェックして効果があるものを使用するという具合です。また広告文は複数登録してテストするという方法もあります。検索クエリと一致したものはBold表示されるようになっています。そのためこれを広告文に含ませることはクリック率を高めることに有効です。キーワードと広告文の関連性は品質スコアや品質インデックスにも影響するので侮れないところです。リンク先のWebページで何ができるかメリットを表記する事も効果が上がるとされます。具体的な情報を記載して情報の信頼性をあげる事も利用者がその先知りたくなるポイントです。

今話題のホームページと会社の傾向としてスマートフォン向けが多くなるとされています。原因として近年はパソコンよりスマートフォンでのランディングページの利用率に差が出ていることにあります。スマートフォン向けのランディングページは基本的に縦長に作られているのでそういうものが多くなっています。ランディングページ制作を代行するならば業者はこれまで作ったランディングページを掲載している所の方がスキルがあるか判断できるポイントです。海外の場合シンプルで分かりやすさを重視しているところが多いとされます。Yahooプロモーションは日本だけですがGoogleAdWordsが海外も対応しているので世界展開にするならその点も注意点となります。