リスティング広告の注意点とはどういうものか

  

リスティング広告はポータルサイトでキーワード検索を行うとその結果のページでそれに連動して表示される広告のことを言い場所は中央の上部や右側に掲載されます。

リスティング広告は検索連動型広告と呼ばれています。ユーザーはキーワードに関する情報と共にその1%の人はさらにその商品を購入するとしたらどこでみつかるのかも探しているとされていて、このために1%の今すぐ購入したい見込み客を獲得するには有効な手段とされています。広告の出稿はキーワード単位で行えるのでユーザーの興味や関心に直結することが多いとされています。従ってキーワード検索をかけるユーザーのニーズがどこにあるのかをつかめれば顧客の獲得にも結び付くことになります。

リスティング広告は現在GoogleとYahooの2つの媒体になっているようです。Yahooは国内では約6割のシェア、Googleは世界では1位、日本国内では2位のシェアを占め検索エンジンでは約3割とされています。

リスティング広告のようにキーワード検索をかけた場合にサイトへ誘導するする仕組みではSEO Search Engine Optimizationが良く知られています。しかしこの2者には違いがあります。リスティング広告はキーワードの入札価格とか広告の品質によって順位がつけられ表示されるしくみになっていて資金を積めば検索結果で上位に表示させることが出来ます。

SEOは検索のアルゴリズムに従って順位づけがなされ表示されるようになっています。従って多くの時間や労力を費してしかもコストもかかります。その上このアルゴリズムは変更されることもあります。従ってリスティング広告のほうが低価格で始めることができ表示の順位も入札価格によってある程度コントロールできるという利点があります。

リスティング広告には注意点もあります。NGプログラムの出稿は禁止ですし、NGキーワードでの出稿も禁止されています。検索結果のページに表示されるURLを広告主と同一であるとか、類似させることはまず出来ません。複数のキーワードによる組み合わせにNGキーワードを含めた入札は原則禁止になっています。

当宣伝広告とは異なった商品名やサービス名等による表示は迷惑行為となりますので控える必要があります。
広告文や広告掲載ページには正しい内容が表示されていることが求められます。従って古い情報や誤った情報は確認して更新して行く必要があります。トラブルも続出していますので禁止事項や注意点を守る必要があります。