クイーンカジノで勝ったら税金を払う必要があるか

  

クイーンカジノで大勝ちして贅沢をしてやろうと考える人も多いものですが、その前に税金のことをしっかりと考えておく必要があります。収入があればそれに応じて税金を払わなければ行けないのが日本のルールですから、そのことを忘れて豪遊をすると後になって、税金の支払いで苦しくなってしまうということになりかねないので、注意が必要です。黙っていればばれないと考えるかも知れませんが、残念ながら税務署が調べようと思えば簡単に調べることができるので逃れることはできません。

クイーンカジノで遊んだ結果というのは、海外の業者のことですから日本の税務署では調べることがかなり難しく、実際にどれだけ儲けたのかを調査するのは簡単なことではありません。それならやっぱりバレることがないのではと思ってしまいがちですが、クイーンカジノで勝った時に勝ち金をどのように受け取るかといえば、自分の銀行口座に振り込まれることになりますから、そこで収入があったことを税務署に捕捉されてしまうことになります。現金での受け渡しであれば税務署も捉えきることができませんから、その場合には何百万、何千万儲けたとしても隠し通すことはそれほど難しくはありません。

しかし、勝ち金を銀行口座に振り込まれる形で受け取るのであれば、金の流れは簡単に掴むことができるのでどれだけの収入があったかは税務署には筒抜けなのです。現実的にはすべての金の動きをチェックするのは難しいので、そこまで勝ちが大きくなければ黙っていてもばれない可能性は高いことでしょうが、見せしめのために会えて少額の無申告者も摘発する可能性はないとは言い切れませんから、クイーンカジノで儲けたら、確定申告をして納税をしなければなりません。