地域ターゲティングもできるリスティング広告の使い方について

集客をするためには、マスメディアなどで一斉に広告配信などをする、マスマーケティングがあります。マスマーケティングでは、テレビCMや新聞広告などを、大量に継続して配信し続ける必要があります。そのため、大きな費用がかかるので、中小企業や個人事業主には、向いていない方法です。マスマーケティングに対して、あらかじめターゲットを絞って集客をし、販売する方法のことは、ターゲットマーケティングと呼ばれます。ターゲットマーケティングでは、販売対象となる顧客層を事前に絞り、ターゲットのみに向けた、マーケティングが行われます。ターゲットを絞るので、必要な広告宣伝費は少なくなり、集客から販売まで、スムーズに進みます。ターゲットマーケティングでは、広告配信をする際にも、極めて限定的に行われます。オンライン広告は、ターゲットを絞った広告配信に適切であり、頻繁に使用されています。オンライン広告には、数多くの種類がありますが、多くのものでターゲットは絞りやすく設定ができます。代表的なオンライン広告である、リスティング広告でも、細かいターゲットのみに向けた、広告配信が可能です。

リスティング広告でターゲットを絞る方法は、いくつかあります。リスティング広告は、インターネットユーザーの検索結果に合わせて、広告が表示されます。広告出稿時に、転職というキーワードを設定したとすると、ユーザーが転職というワードで検索をしたときに、広告が表示されます。いくつかキーワードを設定しておくことで、ターゲットを絞ることができます。例えば、東京都内でランチのお店の宣伝をしたい場合、東京、ランチ、おすすめ、などと設定しておくことが考えられます。この場合、東京都内で良質なランチ店を探している人のみに、広告が表示されます。他の人には広告が表示されないので、効率的な広告配信になります。キーワードに関しては、漠然としたものだと、ターゲット以外に広告が配信されることが、とても多くなります。しかし、細かすぎるキーワードを設定すると、広告が表示されることは、少なくなりすぎます。リスティング広告では、運用データを見ながらキーワード設定のやり直しができます。そのため、広告を出稿することより、適切に運用できる技術の方が、必要とされます。

リスティング広告では、広告を配信するユーザーの、地域ターゲティングも可能です。店舗の宣伝をしたい場合、遠方の人の検索結果に広告を表示させても、広告費が無駄になってしまいます。地域ターゲティングをすることで、広告が配信される地域を絞れるので、効率的になります。ただ、通販などで、全国配送が可能な商品を取り扱っているのなら、地域ターゲティングをしない方が良い場合もあります。しかし、逆のパターンとして、特定の地域住民のみに好まれる商品を通販で売っているのなら、地域ターゲティングをしておくことが推奨されます。ただ、地方に店舗を持っているのなら、都市部の顧客が、車で店舗まで来ることもあり得ます。そのため、地域内の住民の、交通手段などをあらかじめリサーチしておくことが、とても大切です。

地域ターゲティングの他には、広告が配信される時間帯を絞ることによって、顧客層を限定することもできます。主婦層がターゲットなら、広告配信に適切な時間帯は、会社員とは異なります。主婦層に広告を配信する時間帯としては、朝食時や昼食時を避けておくべきです。また、会社員をターゲットとした広告なら、勤務時間中に広告を配信しても、クリックされることは少ないです。主婦層に向けたリスティング広告なら、適切な時間帯は昼間や夕食後です。また、会社員をターゲットとしているのなら、会社が終わった夜間帯の方が、クリックされる確率は高くなります。このように、広告を配信する時間帯でも、ターゲットを絞ることが可能です。地域や時間を絞り込むことで、ターゲット以外の人にクリックされる確率は低くなり、金銭的負担を抑えることができます。

リスティング広告を出す際には、審査がありますが、通過することは難しくありません。ただ、リスティング広告で技術が必要とされるのは、出稿ではなく、運用の方です。リスティング広告では、インターネットユーザーの反応を確認しながら、広告文や宣伝内容を、改善する必要があります。また、地域ターゲティングに関しても、特定の地域の反応が弱い場合、広告出稿の取り消しも、視野に入れておく必要があります。また、リスティング広告からクリックされる、ランディングページも大きく売上に関わります。ランディングページは、商品を売るためには必須のものであり、制作には高いライティング技術が要求されます。製品を保有していても、広告運用やランディングページ制作ができない場合、外注を視野に入れておくことが重要です。外注をすると、広告宣伝のプロが、リスティング広告の運用やランディングページ制作をしてくれます。また、自力で学習をしながら、広告運用をすると、本やセミナーに大きな資金が必要です。結果が出るホームページと費用削減のためには、外注先に頼ることも、効果的な手段です。

最新投稿